マレーシアの不動産投資の最近のブログ記事

マレーシア不動産投資に最適な本

 

日本国内は高齢社会のうえ人口減少です。

 

不動産の価格も家賃も右肩下がり。

 

敷金・礼金0ヶ月にフリーレント2ヶ月なんて当たり前になってきました。

 

そんな日本国内のアパート・マンション経営も低金利ということで、銀行から借金して安く立地のいい物件を購入すればキャッシュフローが出る状況です。

 

海外の不動産投資は、借入金利も高くキャッシュフローが出る物件は少ないのが現状です。

 

しかし、マレーシア不動産投資はキャッシュフローは出ませんが、物件価格が安いので、将来の値上がりが高い確率で見込まれます。

 

まるで、日本のバブル経済や北京オリンピック前の中国の状態が予想されるのです。

 

そのようなマレーシア不動産投資を解説した本が2011年6月に発売されています。

 

日本脱出口候補ナンバーワン国マレーシア 石原彰太郎 著

 

 

副題で「資産運用、不動産投資、ロングスティに最適な国」とあります。

 

私は、若い頃から海外移住に興味があり、なぜか無意識のうちにアマゾンで購入していました。

 

この本を読んで、海外移住の実現性を確信しました。

 

その後、3.11の大震災に続く原子力災害で、この本に書いてあることを実践しなければならないと感じました。

 

でも、すぐに海外移住できるほどお金持ちではありません。

 

40代の自分がいま出来ることを考えると、マレーシア長期滞在ビザの取得や、マレーシアの不動産を購入し賃貸することで、将来、その不動産に住むことなどを考えました。

 

まるで、震災を予感して日本脱出に関して書かれたこの本はすばらしいと思います。

 

マレーシアの災害についても書かれており、マレーシアには活断層がなく地震がほとんどないそうです。

 

ぜひ、購入を薦めます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

自己紹介

管理人のひでぽんです。

普通のサラリーマンをしています。

子連れで東南アジア方面の家族旅行を計画している人に役に立つサイトを作ってみました。

エアアジアと格安ホテル予約サイトの組み合わせで、驚くほど安く海外旅行が出来ます。

初めての子連れ海外も安心して行けると思っています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちマレーシアの不動産投資カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは羽田空港国際線の駐車場です。

次のカテゴリは国際運転免許証です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。