ホーカーズの利用方法の最近のブログ記事

シンガポールで有名なのはホーカーズ(屋台)です。

 

旅行ガイドによるとショッピングセンター内にあるものをフード・コート

 

昔は路上販売していた屋台を1カ所に集めたものがホーカーズ・センター(通称:ホーカーズ)

 

個人が経営してする店舗の中に2~3件の屋台が同居しているものをコーヒーショップ

 

確かに、シンガポールでいろんなところで食事しましたがこんな感じでした。

 

規模・店舗数もフード・コート>ホーカーズ>コーヒーショップといった感じです。

 

市内から離れた場所にあるのはコーヒーショップが多いです。

 

だいたい、交差点にあります。

 

私が宿泊したゲイラン地区も、交差点ごとにコーヒーショップがありました。

 

DSC00120.jpg

 

夜になると、たくさんのイスとテーブルが歩道を埋め、毎日、ビヤガーデン状態です!

 

DSC00117.jpg

 

コーヒーショップの利用方法を教えます。

 

先ほど書いた通り、個人が経営している店舗に2~3店舗が同居しています。

 

この個人が経営しているというのは、ビールやたばこ、飲み物を売っているお店です。

 

DSC00169.jpg

わかりづらいですが、奥が飲み物、たばこ屋さん。

緑の看板がタイ料理屋さん。

手前が中華料理屋さん。

 

イスに座ると、飲み物の注文を取りに来ますので、必ず何か頼んでください。

 

その後、飲み物を持ってくるので、机に座ったままお金を支払います。

 

そして、気に入った店舗で食べ物を購入します。

 

そのとき、自分のテーブルを指させば料理を持ってきてくれるので、そこでお金を支払います。

 

英語ができなくても心配いりません。

 

シンガポールは海外からの出稼ぎ労働者が多いので、言葉が通じないお客さんは珍しくありません。

 

日本人だからふっかけられるかと思いましたが、一度もありませんでした。

 

ビールを頼んだ場合、バドガールのような人がビールを持ってきてグラスについでくれます。

 

DSC00464.jpg

バドガールです。おばさんが多いです。

 

グラスが空になりそうになると、継ぎに来ます。

 

ビールが空になると、すぐにオーダーを取りに来ます。

 

生ビールはありません。

 

銘柄は、タイガービール、ハイネケン、シーハー、カールスバーグです。

 

まれに、スーパードライがおいてあるところもあります。

 

目の前で栓を開けるので、中身が違うということはありません。

 

また、王冠に封印のようなものがあるので、ごまかせないようになっています。

 

相場は

 ビールは6シンガポールドル

 料理は4~7シンガポールドル

でとっても安いです。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

自己紹介

管理人のひでぽんです。

普通のサラリーマンをしています。

子連れで東南アジア方面の家族旅行を計画している人に役に立つサイトを作ってみました。

エアアジアと格安ホテル予約サイトの組み合わせで、驚くほど安く海外旅行が出来ます。

初めての子連れ海外も安心して行けると思っています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちホーカーズの利用方法カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはブルーワークス クラクキーです。

次のカテゴリはマーライオンパークです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。