シンガポールの最近のブログ記事

今日はシンガポール(チャンギ空港)からペナン空港に移動します。

 

エアアジアでどのように移動したか、参考になればと思います。

 

飛行機は、エアアジアAK5802 エアバスA320

 チャンギ空港 1125発

 ペナン空港 1245着

です。

 

午前7時30分にホテルをチェックアウトして、MRTでチャンギ・エアポートに移動しました。

 

午前9時頃には空港に着いてしまってので、24時間のフードコートで朝食を。

 

ちょっと胃がもたれていたので、サブウエイで朝食を済ませました。

 

日本のサブウエイと同じ味だったので、胃もたれもよくなりました。

 

チャンギ空港のエアアジアのチェックインカウンターは目立ちます。

 

DSC00479.jpg

 

英語ができなくても間違えることはありません。

 

私の場合、チェックインはホテルのパソコンでウェブチェックインしました。

 

返信されてきたメールをスマホの画面で見せて手続きができました。

 

プリンターがなくてもメールを見せることができれば大丈夫です。

 

DSC00482.jpg

無料インターネットやスマホの充電もできます。(要アダプター)

 

DSC00481.jpg

ゆったりお昼寝も・・

 

DSC00485.jpg

出発20分くらい前に飛行機がやってきましたが、無事に定刻に離陸しました。

 

機内のアナウンスは日本語はありませんし、日本語を話せる搭乗員はいません。

 

私も、何を言っているのかちっともわかりませんでしたが、きちんとペナン空港に行けました。

 

搭乗率は8割くらい、ホットシートは1割くらいでした。

 

マレーシアの場合、入国カードはいりません。

 

小さい子供がいてもエアアジアを使って移動できますよ。

 

 

シンガポールで食べたローカルフード

シンガポールには5日間いました。

 

1日の食事は2食でした。

 

ローカルの人たちは辛いものが大好きで、毎朝、胃がもたれた感じでした。

 

食べた料理のいくつかは写真を撮りましたので紹介します。

 

DSC00295.jpg

DSC00297.jpg

DSC00132.jpg

これは、初日にホテル近くのコーヒーショップで持ち帰りにしたカレーです。

 

自分で好きなルーを3種類指さして選びました。

 

持ち帰りは「テイク アウェイ」「パッキング」と言えば通じました。

 

ハワイのように「ツー・ゴ-」と言っても通じません。

 

味の方は期待していなかったんですが、びっくりするほどおいしかったです。

 

タイ米によく合うスパイシーな辛さが日本にない味です。

 

DSC00168.jpg

DSC00167.jpg

 

これは手前が、ミックス・プラウン・ヌードルのドライタイプ、太麺です。

奥は、バクテーです。

 

DSC00177.jpg

これはチキンライスを持ち帰ったもの。

 

チキンライスは日本人の口に合うのでオススメです。

 

辛くないので子供でも食べられます。

 

どこにでも打っている料理です。

 

これで3シンガポールドルです。(180円)

 

 

DSC00181.jpg

DSC00182.jpg

これは、おそらくチキンカレーヌードルだと思います。

 

暑い日の真っ昼間から食べて、汗だらだらでした。

 

ココナッツのような濃厚なスープで、辛いのにうまい。

 

5シンガポールドルなので300円ほど。

 

写真に「$5 $6」と書いてあるのは、並と大盛りの意味です。

 

3種類の麺(太麺・細麺・ビーフン)から選ぶことができます。

 

 

DSC00281.JPGのサムネイル画像

これは、リトルインディアで食べた、バナナリーフカレー

 

 

DSC00299.jpg

これはミーゴレンの持ち帰り

おいしかったです。

 

 

DSC00449.jpg

DSC00453.jpg

DSC00461.jpg

これはタイ料理のスチームフィッシュ

とっても辛かったです。

 

 

 

DSC00470.jpg

DSC00476.jpg

これはインド料理屋さんで「ユア リコメンド」と言って適当にぶっかけてもらいました。

シンガポール最後の夜に食べたものです。

 

とにかく、辛いものが多いので子供には注意が必要です。

また、正露丸のお世話になる人もいると思いますので持参してください。

 

国内・海外問わず、人間は別の土地の水を飲むと下痢になる人が多いです。

これは、水が不潔なのではなく、清潔であっても水あたりするものです。

統計では50%位の人は下痢になるようです。

 

正露丸を持って家族旅行しましょうね。

あと、胸焼けや胃もたれの薬も忘れずに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポールで有名なのはホーカーズ(屋台)です。

 

旅行ガイドによるとショッピングセンター内にあるものをフード・コート

 

昔は路上販売していた屋台を1カ所に集めたものがホーカーズ・センター(通称:ホーカーズ)

 

個人が経営してする店舗の中に2~3件の屋台が同居しているものをコーヒーショップ

 

確かに、シンガポールでいろんなところで食事しましたがこんな感じでした。

 

規模・店舗数もフード・コート>ホーカーズ>コーヒーショップといった感じです。

 

市内から離れた場所にあるのはコーヒーショップが多いです。

 

だいたい、交差点にあります。

 

私が宿泊したゲイラン地区も、交差点ごとにコーヒーショップがありました。

 

DSC00120.jpg

 

夜になると、たくさんのイスとテーブルが歩道を埋め、毎日、ビヤガーデン状態です!

 

DSC00117.jpg

 

コーヒーショップの利用方法を教えます。

 

先ほど書いた通り、個人が経営している店舗に2~3店舗が同居しています。

 

この個人が経営しているというのは、ビールやたばこ、飲み物を売っているお店です。

 

DSC00169.jpg

わかりづらいですが、奥が飲み物、たばこ屋さん。

緑の看板がタイ料理屋さん。

手前が中華料理屋さん。

 

イスに座ると、飲み物の注文を取りに来ますので、必ず何か頼んでください。

 

その後、飲み物を持ってくるので、机に座ったままお金を支払います。

 

そして、気に入った店舗で食べ物を購入します。

 

そのとき、自分のテーブルを指させば料理を持ってきてくれるので、そこでお金を支払います。

 

英語ができなくても心配いりません。

 

シンガポールは海外からの出稼ぎ労働者が多いので、言葉が通じないお客さんは珍しくありません。

 

日本人だからふっかけられるかと思いましたが、一度もありませんでした。

 

ビールを頼んだ場合、バドガールのような人がビールを持ってきてグラスについでくれます。

 

DSC00464.jpg

バドガールです。おばさんが多いです。

 

グラスが空になりそうになると、継ぎに来ます。

 

ビールが空になると、すぐにオーダーを取りに来ます。

 

生ビールはありません。

 

銘柄は、タイガービール、ハイネケン、シーハー、カールスバーグです。

 

まれに、スーパードライがおいてあるところもあります。

 

目の前で栓を開けるので、中身が違うということはありません。

 

また、王冠に封印のようなものがあるので、ごまかせないようになっています。

 

相場は

 ビールは6シンガポールドル

 料理は4~7シンガポールドル

でとっても安いです。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

自己紹介

管理人のひでぽんです。

普通のサラリーマンをしています。

子連れで東南アジア方面の家族旅行を計画している人に役に立つサイトを作ってみました。

エアアジアと格安ホテル予約サイトの組み合わせで、驚くほど安く海外旅行が出来ます。

初めての子連れ海外も安心して行けると思っています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちシンガポールカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはペナン島です。

次のカテゴリはエアアジアです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。