ラピッド・バスの最近のブログ記事

ペナン島のバス停には地名が書いていないし時刻表もありません。

 

バスが走っているのはよく見かけるのですが乗り方がいまいちわからないのです。

 

ペナン島にきたからにはリゾート地のバトゥ・フェリンギを一度見てみたいと思っていました。

 

市内観光の時に日本語ガイドさんに「バトゥ・フェリンギにタクシーを使って行く予定」といったら「ぜひバスで行ってください」と

 

「タクシーじゃおもしろくないですよ。コムタからいけます。」というのでバスで行くことに。

 

ペナン島のコムタ(ジョージタウンで一番目立つタワービル)の1階にはバスターミナルがあります。

 

ベイ・ビューホテル・ジョージタウンから歩いて15分くらい。

 

コムタについてもバスターミナルがわからないので、コムタの周りを1周近く歩いたらありました。

 

U101という経路なので、バスターミナルの中のたくさんあるバス停から見つけると、15分間隔で出ているようです。

 

時刻表はありません。

 

屋内のバス停なので空気が悪いです。

 

5分も待たないうちにバスが来たので乗車。

 

バスの前扉から乗って行き先を告げ運賃を箱の中に入れます。

 

料金は2.7MR(マレーシアリンギット)位だったと思います。

 

おつりがなかったので3MRを箱に入れました。

 

すると運転手さんがピンクの切符を渡してくれました。

 

バスは満席の上、混んでいました。

 

そのうち空くかなと思ったけど、降りる人もいれば乗る人も多いです。

 

降りる人を見ると後ろの扉から降りているのですが、切符は持ったまま降りてしまいます。

 

これじゃ、嘘の行き先を言ってもわからないじゃんと思いました。

 

日本のバスのように、次のバス停のアナウンスは一切ないし、掲示板もありません。

 

降りたいバス停の前でボタンを押すだけ。

 

とっても外国人観光者に優しくないバスです。

 

しかも、運転が荒く揺れる。

 

途中、ロングステイ用のマンションがたくさんありました。

 

DSC00630.jpg

DSC00626.jpg

DSC00632.jpg

DSC00637.jpg

日本人のロングステイの方も多く不動産投資として購入する方もいます。

 

私も、マレーシアの不動産投資に興味があり、今回の旅行の目的に不動産物件の下見がありました。

 

まだまだ値上がりすると言われているマレーシアの不動産ですが、現地を見た限り建設ラッシュで過熱している感じです。

 

現地の人が住むことが出来ない価格のマンションを購入するのは危険かなと感じました。

 

山道を抜け左右に揺られながら、やっとバトゥ・フェリンギに着きました。

 

バトゥ・フェリンギの放送はないんですが、景色を見ていると「ここだろう」とわかります。

 

 

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

自己紹介

管理人のひでぽんです。

普通のサラリーマンをしています。

子連れで東南アジア方面の家族旅行を計画している人に役に立つサイトを作ってみました。

エアアジアと格安ホテル予約サイトの組み合わせで、驚くほど安く海外旅行が出来ます。

初めての子連れ海外も安心して行けると思っています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちラピッド・バスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバトゥ・フェリンギです。

次のカテゴリはクー・コンシーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。