羽田空港内の簡易ホテルの最近のブログ記事

羽田には日本時間の午前0時20分に到着しました。

 

スーツケースを回収して入国手続きが終わり、今日の宿泊先であるファストキャビン羽田に向かいました。

 

ファストキャビン羽田は第1ターミナル内にある宿泊施設で予約が必要です。

 

なにか移動手段がないかと探したところ、羽田空港の無料の移動手段はすべて終了していたんです。

 

まだ、エアアジアの旅行者がいるのに!

 

これにはびっくりしました。

 

仕方ないのでタクシーで第1ターミナルに移動すると、滑走路の周りを回る生なのか2千円ほどの運賃がかかりました。

 

これは想定外の出費・・

 

さらに、第1ターミナルも閉まっているではないか!

 

他の旅行客がインターホンで何か話しているのを発見して近づいたところ、ファストキャビン羽田の従業員が鍵を開けに来てくれました。

 

何という非常識なサービス。

 

従業員の引率でついていくとファストキャビン羽田がありました。

 

DSC00806.jpg

 

ロビーはこんな感じです。

 

DSC00805.jpg

 

寝床はこんな感じ。

 

DSC00804.jpg

 

広さで料金が変わります。

 

大きいスーツケースは室内におけないので受付で預かってもらえます。

 

お風呂は広めのお風呂でした。

 

寝付けなかったのでビールを飲もうとロビーに行きました。

 

ビールはあるのですが、つまみがあまりない・・

 

仕方ないのでカップラーメンを買ってお湯を入れようと思ったらお湯がない。

 

受付に言ってお湯を入れてもらいました(恥ずかしい・・)

 

カップラーメンをつまみにビールを飲みながらテレビを見ていました。

 

カップラーメンを食べ終わって汁を捨てようと思ったら、それもない。

 

また、受付に行って汁を捨ててもらいました(恥ずかし・・)

 

宿泊者の気持ちがわからないファストキャビン羽田でした。

 

翌朝、お風呂に入ってチェックアウトしました。

 

朝食を食べようとぶらぶらすると、どこも料金がぼったくりのように高い・・

 

先進国のシンガポールでも500円で食べられたのに羽田空港の価格設定は信じられません。

 

探していると「たまごぶっかけごはん」のお店があったので、そこで朝食をとりました。

 

久しぶりの日本食で胃に優しかったです。

 

その後、京浜急行で自宅に帰りました。

 

エアアジアでクアラルンプールを1530(現地時間)に出発し羽田空港に到着するのは2330(日本時間)です。

 

終電を調べてみると、もうありません。

 

家族旅行であれば、サンパーキングに車を止める予定でしたが、高速代、ガソリン代、駐車料金を考えると3万円を超えます。

 

楽天トラベルで周辺のビジネスホテルを調べましたが4000円以上します。

 

送迎ありとなっているホテルもありますが、なんかめんどくさいですよね。

 

空港内に簡易ホテルがないか調べたらありました。

 

ファーストキャビン羽田ターミナル1というというと 

 

カプセルホテルに似ていますが、コンセプトはファーストクラスをイメージしたホテルだそうです。

 

料金は4900円です。

チェックインは1900

チェックアウトは1000

 

1週間以上前に予約することを勧めます。

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

自己紹介

管理人のひでぽんです。

普通のサラリーマンをしています。

子連れで東南アジア方面の家族旅行を計画している人に役に立つサイトを作ってみました。

エアアジアと格安ホテル予約サイトの組み合わせで、驚くほど安く海外旅行が出来ます。

初めての子連れ海外も安心して行けると思っています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち羽田空港内の簡易ホテルカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはエアアジアです。

次のカテゴリはおすすめのスーツケースです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。