2012年4月アーカイブ

楽しみにしていたマレーシア家族旅行

 

妻が、ネットでいろいろと調べたところ「マレーシアのトイレは汚い」という書き込みが・・

 

さらに「マレーシア トイレ」で検索すると、出てくる出てくる

 

マレーシアのトイレ.jpg

 

それを見た妻は「マレーシア絶対に行きたくない。子供を連れて行くなんて無理!!」とぶち切れ

 

とほほほ・・

 

世界一きれいな日本に住んで、抗菌製品に囲まれた妻には、マレーシアは不潔の国と思わせてしまった模様

 

たしかにイスラム式のトイレの写真や、床が水浸し・・

 

おしりを洗った水が便器からはみ出している

 

などの書き込みを見たら引いてしまう。

 

私は、世界のトイレ事情はいろいろあると思うし、昭和50年代は日本もぼっとん便所やハエがブンブン飛んでいるトイレはおおかった。

 

そんなに気にすることないのにと思うのに、妻は「絶対に無理」の一点張り・・

 

なんとか説得しないとマレーシアに行けなくなる・・・

 

マレーシアに行ったことがある人に聞くと「クアラルンプールのホテルのトイレを使えば大丈夫」というので妻に言ったけど、妻にとってネットで見たイスラム式トイレの写真が印象に残って無理みたい。

 

航空券はキャンセルしても返金されないエアアジアなので、最悪はシンガポール旅行に変更すればいいだけ。

 

苦労します・・

 

マレーシア不動産投資に最適な本

 

日本国内は高齢社会のうえ人口減少です。

 

不動産の価格も家賃も右肩下がり。

 

敷金・礼金0ヶ月にフリーレント2ヶ月なんて当たり前になってきました。

 

そんな日本国内のアパート・マンション経営も低金利ということで、銀行から借金して安く立地のいい物件を購入すればキャッシュフローが出る状況です。

 

海外の不動産投資は、借入金利も高くキャッシュフローが出る物件は少ないのが現状です。

 

しかし、マレーシア不動産投資はキャッシュフローは出ませんが、物件価格が安いので、将来の値上がりが高い確率で見込まれます。

 

まるで、日本のバブル経済や北京オリンピック前の中国の状態が予想されるのです。

 

そのようなマレーシア不動産投資を解説した本が2011年6月に発売されています。

 

日本脱出口候補ナンバーワン国マレーシア 石原彰太郎 著

 

 

副題で「資産運用、不動産投資、ロングスティに最適な国」とあります。

 

私は、若い頃から海外移住に興味があり、なぜか無意識のうちにアマゾンで購入していました。

 

この本を読んで、海外移住の実現性を確信しました。

 

その後、3.11の大震災に続く原子力災害で、この本に書いてあることを実践しなければならないと感じました。

 

でも、すぐに海外移住できるほどお金持ちではありません。

 

40代の自分がいま出来ることを考えると、マレーシア長期滞在ビザの取得や、マレーシアの不動産を購入し賃貸することで、将来、その不動産に住むことなどを考えました。

 

まるで、震災を予感して日本脱出に関して書かれたこの本はすばらしいと思います。

 

マレーシアの災害についても書かれており、マレーシアには活断層がなく地震がほとんどないそうです。

 

ぜひ、購入を薦めます。

4月1日に安航空券で有名なエアアジアのサイトから、羽田~クアラルンプールの予約状況をチェックしました。

 

なんと、4月15日までに予約するとキャンペーンで羽田~クアラルンプールが12,000円~

 

さっすが、エアアジア!嬉しいねぇ

 

子供が夏休みに入る7月20日からお盆前の8月10日までは、ほとんど12,000円のキャンペーン価格が適用されていました。

 

ところが、4月4日に再度、価格を調査したところ、ほとんどの便が2万円台や3万円台に価格が高騰しているではないか!

(それでも安いけど)

 

12,000円でクアラルンプール行けるのは7月25日だけ

 

それに、羽田に戻ってくるのは8月4日が9000円台で安い

 

もう、必然的に、往路7月25日、復路8月4日と旅行日程が決まってしまいました。

 

とにかく予約を確保するために、速攻で申し込み!

 

ですが、入力項目が多くてスムーズに行かない。

 

一番手こずったのが、荷物の設定でした。

 

荷物の入力が1ヵ所しかなかったので、スーツケースは1個しか持って行けないの?(←実は勘違いでした)

 

しかも、一定時間たつと自動的に入力した事項がリセット!

 

荷物や機内食の入力は個人の名前をクリックして往路・復路ごとに入力できました。

 

次に悩んだのが座席の位置、別料金で好きな場所を選べます。

 

出来れば窓際で景色がいいところがいいので、翼の後方にしました。

 

全部入力したところ、荷物代や機内食、指定席代で家族4人で合計12万円ほど。

 

最後の難関がクレジットカード情報の入力

 

カントリーバンクという入力欄があって、何を入力したらいいかわからない。

 

通常、欧米のクレジットカードは銀行名を入れるらしい。

 

ネットで検索したら、日本の場合はクレジットカードの発行元をローマ字で入力すればいいそうだ。

 

わからない場合は、カード裏面を見るとローマ字で書いてあります。

 

私は「JAL CARD」と入力したら無事にクレジット決済が終了。

 

あわてて予約してしまいましたが、実はスーツケースの重量や機内食は後からでも追加できることが判明!

 

ついつい多めの重量で予約してしまったので、無駄な出費になってしまったかも!

 

とにかく、往路が12,000円、復路が9,240円で予約できました。

 

翌朝、再度、予約状況を確認したところ、3万円になっていました。

 

キャンペーン価格が4月15日にしめきりなので駆けこみ予約が殺到したのかもしれません。

 

1日、予約が遅れたら10万円近く出費するところでした。(それでも安いですが・・)

 

あ~よかった・・

 

予約確定画面をコピーしました。

 

詳細
  HND - KUL KUL - HND  
運賃代金 33,600.00 JPY 33,600.00 JPY 67,200.00 JPY
運賃、税金、および手数料 14,400.00 JPY 3,360.00 JPY 17,760.00 JPY
中型 – 20kg まで 2,500.00 JPY    
Comfort Kit 1,000.00 JPY    
中型 – 20kg まで 2,500.00 JPY    
Comfort Kit 1,000.00 JPY    
中型 – 20kg まで 2,500.00 JPY    
中型 – 20kg まで 2,500.00 JPY    
マレーシア料理   400.00 JPY  
大型 – 25kg まで   3,500.00 JPY  
マレーシア料理   400.00 JPY  
大型 – 25kg まで   3,500.00 JPY  
お子さま料理   400.00 JPY  
大型 – 25kg まで   3,500.00 JPY  
Chicken Sandwiches   210.00 JPY  
お子さま料理   400.00 JPY  
大型 – 25kg まで   3,500.00 JPY  
Chicken Sandwiches   210.00 JPY  
 
   
Seat Fee 1,500.00 JPY    
Seat Fee 1,500.00 JPY    
Tune Talk 200.00 JPY    
支払い手数料 300.00 JPY    
Seat Fee 1,500.00 JPY    
Seat Fee 1,500.00 JPY    
Tune Talk 200.00 JPY    
支払い手数料 300.00 JPY    
Seat Fee 1,500.00 JPY    
Seat Fee 1,500.00 JPY    
支払い手数料 300.00 JPY    
Seat Fee 1,500.00 JPY    
Seat Fee 1,500.00 JPY    
支払い手数料 300.00 JPY   41,620.00 JPY
 
 
合計代金   126,580.00 JPY

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

自己紹介

管理人のひでぽんです。

普通のサラリーマンをしています。

子連れで東南アジア方面の家族旅行を計画している人に役に立つサイトを作ってみました。

エアアジアと格安ホテル予約サイトの組み合わせで、驚くほど安く海外旅行が出来ます。

初めての子連れ海外も安心して行けると思っています。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。